加齢とともに、体の機能に衰えが見られることは防ぎようのないことです

しかし、衰え自体を防ぐことはできなくても、機能サポートを利用することで、本来の機能を取り戻すことは可能です

ED治療薬として、広く認識されているシアリスにも、ジェネリック薬品が出てきたことで、選択肢が増えました


メガリスは、薬効成分である「タダラフィル」を20mg含有している「ED治療薬」です

「タダラフィル」は、陰茎海綿体の血管に存在する平滑筋を弛緩させることによって、海綿体への血液の流入量を増やします

十分な血液の流入により、満足な性交を行うために必要な勃起を促し、これを維持してくれます

十分な血液流入により勃起を維持

一般的な薬には、食後30分など、服用のタイミングが決められています

しかし、メガリスは、食事の有無に関わらず服用することがきます

また、効果の持続が「36時間」という大きなメリットがあります

服薬のタイミングを気にすることなく、あくまでも、自然な勃起をサポートしてくれるED治療薬です



薬には、多くの場合、副作用を伴います

メガリスにも、他の薬と同様、副作用が伴いますので注意が必要です

血管拡張作用による「頭痛」「ほてり」「血圧低下」

視覚障害による「眼の痛み」「視覚異常」、持続勃起(4時間以上勃起が続く)などの副作用があります

ED治療薬 注意点

メガリスに限らず、薬の効果には個人差があります

効果のあるなしはもちろん、服用する量にも違いがあります

自分に適した量を見極めるためには、まずは少量を服用して様子を見ることです

効果、効能を確認しながら、服用量を調整していきます


服用事例 50代(血圧は高め) ED治療薬 メガリス服用による副作用