どこの金融機関のローン商品、ローンサービスでも、利用規約等には必ず個人情報の共同利用について記されています

これは全国銀行協会が設置、運営している全国銀行個人信用情報センターや各地方銀行協会の取引停止処分者照会センターなどに 利用者の滞納などの事故、事件の情報を共有することで、利用者に対する取引上の判断に利用できるものです

銀行ローンの利用に関する個人情報の共同利用

例えば、複数のカードを所有して、複数の金融機関から借り入れをしている場合

どれかひとつの金融機関で返済に関する事件、事故を起こしてしまうとその情報は他の金融機関にも伝わることができます

きちんと返済してきた金融機関も利用停止に追い込まれてしまうことになります

金融機関の情報の把握にはタイムラグもあるので、どのくらいの時間がかかるかは一概には言えませんが、 金融機関が情報の共有化によって連携し判断を行っていると認識しておく必要があります

【次記事】
そして、カードが使えなくなった… カード利用停止(無効)のお知らせ