電動のこぎりといえば、丸鋸かジグソーですが…

今までのDIYライフの中で、もっとも大きな影響を受けたのが、スライド丸鋸です

日立工機 スライド丸鋸 丸のこ

幅300mmまでの板材なら正確、簡単にカットができます

しかも、縦方向、横方向に対して角度をつけてカットすることもできます

あまりに簡単に、正確に木材の加工ができるので、なんでもできるような、作れるような気になります

ちょっと大げさに思われるかもしれませんが、スライド丸鋸があると家さえも作れるような気分になるほどです

ホームセンターに行くとわかりますが、床材、壁材などは幅315mmまでのものがほとんどです

このあたりは、木造住宅の工法、資材、工具がうまく連携しているのではないかと思います

木材の板材 規格化されています

あればいいことだらけのスライド丸鋸なのですが、最大の欠点がその大きさではないかと思います

コンパクトに収納できるはずもなく、どうしてもそれなりの場所をとられてしまいます

収納場所さえ確保できれば損はないと思うものなのですが…

最近はホームセンターなどで、電動工具のレンタルサービスがあるようです

頻繁に使うものでなければ、レンタル工具を上手に利用する方がお得かもしれません

それまで、「木材をカットする」ということが、DIYにおける主な作業であったのに、あまりに簡単にカットできてしまいます

木材カットに時間と労力を費やしていた分を、構想や他の作業に充てることができ、より完成度の高い作品を作ることができます

【次記事】
電動工具 ドライバー


ガレージライフ DIYer、日曜大工好き向け、DIY、手作りを楽しむための雑誌

手作り工房 手作り物置 ファイヤープレイス ガーデニングの楽しみ方 DIYライフ