団体信用生命保険(一般的に「団信」と言われています)とは…?

住宅ローンの返済期間中に、ローン契約者が亡くなるまたは高度障害になって、以降のローン返済ができなくなった場合に
本人に代わって、生命保険会社が、その時点のローン残高に相当する保険金を債権者に支払うことで、ローンが完済となるものです




通常の生命保険と比較すると、保険料が割安となる場合が多く(金融機関がローン利用者をまとめて利用するため)、 保険加入時の年齢による保険料の差もありません(ローン残高が保険対象となるため(上限設定あり))

つまり、一般的な生命保険の保険金の代わりに、ローン残高相当額が支払われるわけです

家族には、現金の代わりに財産が残ることになります

住宅ローンのメリット

本人が亡くなった場合の保険金もほとんどの場合、残された家族のある一定期間の生活費に充てることができるだけです

残された家族が一生お金に困らないほどの保険金というのは稀なケースでしょう

お金はあることにこしたことはないのでしょうが、必要なのはどれくらいか、実際に支払う保険料とのバランスを考える必要があります

マイホームのローン残債がなくなることで、売却すれば売値をそのまま現金化することが可能になります

これを保険金と考え、通常型の生命保険は疾病時に特化した掛け捨てタイプにすることで、大幅に保険料を下げる選択もあります