プロに任せておけば大丈夫ということではありません

日常的な介助方法、対処方法はもちろん、介護保険全般の知識を正しく持っておくことは、在宅介護においても大切です

様々なシーンで選択肢を増やしてくれることになりますし、介護にかかる手間、時間の軽減にも役立ちます

長く続く在宅介護では、少しでも「余裕」を持ち続けることが重要なことです




介護記録の書き方&文例ハンドブック
ナースのためのやさしくわかる褥瘡ケア

立ち座りをサポートするひざ・腰に優しいお風呂イス
業務用の手荒れ防止クリームで皮膚トラブル対策

在宅介護に必要な介護知識を介護専門の資格・講座で習得する